忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツール


SEOを施している人で、Googleウェブマスターツールを参考にしている人は多いです。Googleウェブマスターツールを使うのは、個人であれば問題ないと思います。しかし、SEO業者でGoogleウェブマスターツールを利用したり、データを参考にするのは問題です。Googleウェブマスターツールに登録する時に、Googleが指定するMETAタグを自分のサイトやブログに埋め込まなくてはなりません。ということは、Googleに自分の手の内をすすんで提供していることになりますから^^;。最近のSEOは「Google対策」とも言われていますので、自分の対策している手法がGoogleに筒抜けになるわけです。このことから、個人が参考のためにGoogleウェブマスターツールやGoogleiosなりティクスを利用するのは構わないと思うのですが、SEO業者がGoogleの上記のサービスを利用するのは避けた方がいいと思います。

Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける

エンジニア(フリーランス)向けJOB情報
エンジニアフリーランス

催眠療法家のHP、池袋
ヒプノ セラピー 池袋

ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
Googleページランクの更新
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
PR